大学生の息子が傷害事件で捕まった

大学生の息子Aさんが傷害事件で捕まったとの連絡をお母さんから受け、その約2時間後に警察署で接見した。Aさんは犯行を一部否認していたところ、Aさん自身も重傷を負っていたことから、治療のため早期の釈放が必要と判断した。
そこで、早速被害者に連絡を取り、午前0時、被害者と面会して、示談交渉を開始した。一部否認をしていることもあり、交渉は難航したが、午前2時頃、示談金40万円にて示談が成立し、被害届取下書も作成していただいた。
翌朝、裁判所に対して、勾留決定に対する準抗告を申し立てたところ、同日午後釈放となった。
その後、示談書、被害届取下書を踏まえて、不起訴処分となった。

暴行・傷害の解決実績の記事一覧へ戻る

刑事事件・少年事件でお困りの方へ

・無料相談受付中
・全国対応(東京・大阪・名古屋・福岡・金沢)

24時間・土日祝日も受付0120-655-995