認めないと釈放されませんか。

確かに、犯行を認めている方が逃亡や罪証隠滅の恐れは低いと判断され、釈放されやすいでしょう。もっとも、近時は、否認している場合であっても、通勤ルートを変更する等の工夫をすることで罪証隠滅のおそれが低いと判断され、釈放されることは多いです。ですから、釈放してもらうために犯行を認めることは慎重に検討する必要があります。

痴漢事件のよくある質問の記事一覧へ戻る

刑事事件・少年事件でお困りの方へ

  • ・無料相談受付中
  • ・全国対応

24時間・土日祝日も受付0120-655-995