被害者の留守を見計らって自宅に侵入し、その下着を盗んだ容疑で逮捕された。

被害者の留守を見計らって自宅に侵入し、その下着を盗んだ容疑で逮捕された。

Eさんは同じ通勤ルートであった被害者に好意を寄せ、被害者の留守を見計らって自宅に侵入し、その下着を盗んだ容疑で逮捕されたところ、釈放後に示談交渉の依頼を受けた。ストーカー行為、そして自宅への侵入という点で、被害者の処罰感情は強く、示談交渉な難航し、示談金も100万円以上をご希望だった。しかしながら、Eさんには、経済的な余裕がなく、十分な示談金のお支払いは困難なこともあり一層示談交渉は難しくなったが、話し合いを重ねた結果、二度と接触しないことなどを条件に示談金35万円にて示談に応じていただくことができた。その後、事件は検察庁に送致され、不起訴処分となった。

窃盗・万引き事件の解決実績へ戻る

春田法律事務所オフィスご案内