ビルの女性用トイレで盗撮行為に及び、建造物侵入罪で逮捕された。

ビルの女性用トイレで盗撮行為に及び、建造物侵入罪で逮捕された。

Dさんは、ビルの女性用トイレで盗撮行為に及び、建造物侵入罪で逮捕された。勾留されることなく釈放された後、当方に示談交渉を依頼した。早速、被害届を提出したビルのオーナーに面会したところ、盗撮の被害者が許すのであれば示談に応じるとのお考えだった。そこで、ビルのオーナーに盗撮の被害者との仲介をお願いしたところ、被害者は難色を示し、直ぐには面会はかなわなかった。しばらく時間を空けて、再度ビルのオーナーに仲介をお願いしたところ、とりあえずお話だけは聞いていただけることとなり、被害者と面会することができた。そこで、加害者の謝罪の気持ちをお伝えし、再犯防止のための具体的な対策をお話するなど誠心誠意、対応させていただいた結果、示談に応じていただくことができた。その結果、ビルのオーナーも示談に応じてくださり、その後、不起訴処分となった。

盗撮事件の解決実績へ戻る

春田法律事務所オフィスご案内