旅先の温泉の浴場で盗撮をしたところ通報され、逮捕された。

旅先の温泉の浴場で盗撮をしたところ通報され、逮捕された。

Eさんは旅先の温泉の浴場で盗撮をしたところ通報され、逮捕され、釈放後、当方へ依頼した。被害者は外国人で、既に帰国していることから、示談交渉は不可能だった。Eさんは、罰金刑になることはやむを得ないとあきらめていたが、家族に露見することだけは避けたいという依頼だった。そこで、担当弁護士において、旅先の検察庁からEさんの居住地域を管轄する検察庁へ事件が移送されるタイミングを把握し、移送後は、直ちに担当検事に連絡し、呼び出しは自宅へ呼出状を送るのではなくEさんの携帯電話に連絡するよう申し入れた。その後、略式起訴で罰金刑を求刑する方針であることを確認すると、担当検事に対して、起訴状は自宅に郵送するのではなく、裁判所にEさんが出頭して交付を受ける方法によることを依頼した。こうして、Eさんは、家族に露見することなく罰金を納付して事件終結となった。

盗撮事件の解決実績へ戻る

春田法律事務所オフィスご案内