弁護士法人 春田法律事務所

盗撮事件の弁護士費用

弁護士費用

弁護士費用
  • 成人事件
  • 少年事件
〇既に釈放されている場合
着手金30万円(税込33万円)
示談成立又は
不起訴の成功報酬金
2050万円(税込22~55万円)
〇逮捕・勾留されている場合
着手金30万円(税込33万円)
釈放・勾留短縮の
成功報酬金
20万円(税込22万円)
示談成立又は
不起訴の成功報酬金
2050万円(税込22~55万円)
〇公判(裁判)の場合
着手金30万円(税込33万円)
保釈の成功報酬金1020万円(税込11~22万円)
執行猶予の成功報酬金050万円(税込0~55万円)

※弁護士費用の分割払いについてもご相談ください。
※上記は迷惑防止条例違反の費用です。
※接見日当は不要です。(ただし、遠方の場合は、頂くことがあります。)
※別途に実費相当額を頂戴しております。

家庭裁判所送致までの報酬30万円(税込330,000円)
家庭裁判所送致後の報酬40万円(税込440,000円)

※弁護士費用の分割払いについてもご相談ください。
※接見日当は不要です。(ただし、遠方の場合は、頂くことがあります。)
※不処分又は保護観察の成功報酬は、原則頂きません。

春田法律事務所オフィスご案内