近所の公園で児童と遊んでいたところ、児童がお尻を触られたと学校の先生に通報し、その場で逮捕となった。

近所の公園で児童と遊んでいたところ、児童がお尻を触られたと学校の先生に通報し、その場で逮捕となった。

Cさんは、近所の公園で児童と遊んでいたところ、児童がお尻を触られたと学校の先生に通報し、その場で逮捕となった。Cさんの娘さんから依頼を受け、警察署で接見したところ、Cさんとしては、普段からよく公園で子供たちと遊んでおり、わいせつなことをする意思は全くなかったと否認しているということだった。高齢のため留置場での生活は酷であったことから、早期釈放が必要と考え、裁判官に勾留の必要性がないことを訴えたところ、勾留されずに釈放された。
その後、被害者の保護者に対して、Cさんにわいせつ行為をする意図はなかったことを説明し、ご理解いただき、示談金の支払いもなく示談に応じていただくことができ、その後、不起訴処分となった。

強制わいせつ・強制性交事件の解決実績へ戻る

春田法律事務所オフィスご案内