どんな行為が不倫になるのか

どんな行為が不倫になるのか

〇不貞行為(不倫)とは

不貞行為とは法律で定められている違法行為です。

不倫は、民法709条に定める不法行為に該当し、損害賠償金を支払う責任が発生します。損害賠償は、基本的には慰謝料の支払いですが、探偵の調査費用や精神科への治療費などの賠償を求められることもあります。

なぜ、不倫は違法行為になるのでしょうか。

不倫とは、婚姻生活の平穏を害する行為をいいます。婚姻関係は、法律で保護されていますので、それを傷つける行為は、民法で違法行為となるのです。

したがって、婚姻生活の平穏を害する行為と評価されるような行為であれば違法な不倫となります。

〇どんな行為が不倫になるのか。

法的に違法行為となり、慰謝料などの損害賠償責任を負う不倫とは、婚姻生活の平穏を害する行為です。

典型的な不倫は、性行為ですがそれに限りません。

性行為まではしていなくともその前段階の性行為類似行為は不倫に該当しますし、キスや抱き合う行為もそれが婚姻生活の平穏を害するものと評価できれば、不倫に該当します。

さらには「愛してる」などのメールのやり取りだけでも、その他の言動、関係性を考慮して不倫と認定した裁判例もあります。

なお、キャバクラなどのホステスとの肉体関係も、それがいわゆる枕営業であっても不倫に該当しますし、性行為にあたって対価が支払われていた場合も不倫であることは否定されません。

不倫慰謝料請求の法的知識へ戻る

春田法律事務所オフィスご案内