不倫慰謝料請求の流れ(証拠の検討)

慰謝料請求が可能かどうかと、裁判で勝てるかどうかは別問題です。

証拠があまりないので、裁判では勝てない場合であっても、交渉で慰謝料を支払ってもらえるケースも多くあります。

性行為の写真や動画などの直接的な証拠があることは稀で、多くの場合はLINE、SNS、メールのやり取り、探偵の調査報告書などが証拠となります。

これらの証拠の場合には、不倫を立証できるかどうか、弁護士が実際に証拠を精査して検討する必要があります。

また、これらの客観的な証拠はないけれども、配偶者や不倫相手の自白だけがあるというケースも多くみられます。

自白だけでも不倫の立証は可能ですが、請求相手が自白している場合には、問題ないのですが、請求相手は否認していて、他方だけが自白している場合には、その自白が裁判でも通用する程度の信用性があるか慎重に検討する必要があります。

以下のコラムもご覧ください。

法的知識の記事一覧へ戻る

不倫・離婚問題でお困りの方へ

  • ・無料相談受付中
  • ・全国対応

24時間・土日祝日も受付0120-655-995