不倫相手の配偶者に呼び出され慰謝料の合意書にサインをしてしまった

弁護活動から慰謝料請求まで

不倫相手の配偶者に呼び出された際に、C様は求められるままに慰謝料350万円を支払う内容の合意書にサインをさせられてしまったが、そのような大金は無いことから弊所に相談した。350万円は不相当に高額であったことから、C様がサインをしたことは本意ではなかったことを主張して交渉した結果、改めて50万円を分割払いする合意書を作成して解決となった。

解決事例の記事一覧へ戻る

不倫・離婚問題でお困りの方へ

・無料相談受付中
・全国対応(東京・大阪・名古屋・福岡・金沢)

24時間・土日祝日も受付0120-655-995