ダブル不倫をしていて慰謝料を請求された

弁護活動から慰謝料請求まで

ダブル不倫のケースで、D様は慰謝料200万円の請求を受けていた。D様は専業主婦で、家計も夫が管理していたことから、直ぐに用立てられる金額はゼロであった。D様の配偶者には不貞の事実は露見していない状態であったため、慰謝料支払いのために大金を動かせば不貞行為が夫に露見し、夫も慰謝料請求することになることなどを説明して交渉した結果、1年半後に20万円を支払うことで合意に至り解決となった。

解決事例の記事一覧へ戻る

不倫・離婚問題でお困りの方へ

・無料相談受付中
・全国対応(東京・大阪・名古屋・福岡・金沢)

24時間・土日祝日も受付0120-655-995