弁護士法人 春田法律事務所 弁護士法人 春田法律事務所

土日祝日も
24時間受付

解決実績

慰謝料相場を確認
約4年間続く不貞の末、配偶者は自宅を出て別居を開始した

弁護活動から慰謝料請求まで

A様の精神的苦痛は非常に大きく、当初は、慰謝料請求をする気力もなかったが、1年ほどして多少落ち着きを取り戻したことから、弊所に依頼した。相場よりも高額であったものの、A様の気持ちを酌んで700万円の慰謝料を請求することとした。不貞相手との2度の面談の結果、請求通り700万円を支払う合意が得られ、直ちに700万円が支払われて解決となった。
配偶者が出会い系サイトで知り合った人と約1年の間不貞関係にあった

弁護活動から慰謝料請求まで

配偶者が出会い系サイトで知り合った人と約1年の間不貞関係にあったことが発覚し、その直後、別居を開始するとともに、不貞相手に200万円の支払いを求めたものの、分割で100万円しか払えないと言われたことから、弊所に依頼した。探偵の調査費用もかかっていたことから300万円を請求することとし、電話での交渉の結果、250万円を一括で支払う合意が得られ、直ちに250万円が支払われて解決となった。
不倫相手の配偶者に呼び出され慰謝料の合意書にサインをしてしまった

弁護活動から慰謝料請求まで

不倫相手の配偶者に呼び出された際に、C様は求められるままに慰謝料350万円を支払う内容の合意書にサインをさせられてしまったが、そのような大金は無いことから弊所に相談した。350万円は不相当に高額であったことから、C様がサインをしたことは本意ではなかったことを主張して交渉した結果、改めて50万円を分割払いする合意書を作成して解決となった。
ダブル不倫をしていて慰謝料を請求された

弁護活動から慰謝料請求まで

ダブル不倫のケースで、D様は慰謝料200万円の請求を受けていた。D様は専業主婦で、家計も夫が管理していたことから、直ぐに用立てられる金額はゼロであった。D様の配偶者には不貞の事実は露見していない状態であったため、慰謝料支払いのために大金を動かせば不貞行為が夫に露見し、夫も慰謝料請求することになることなどを説明して交渉した結果、1年半後に20万円を支払うことで合意に至り解決となった。
妻の不倫が発覚した結果、夫婦は離婚に至った

弁護活動から慰謝料請求まで

妻の不倫が発覚した結果、夫婦は離婚に至り、E様は夫から慰謝料300万円の請求を受けていた。ところが、E様には、預貯金がほとんどなく、収入も月に20万円もなく、到底高額な慰謝料を支払う経済力はなかった。そこで、支払う慰謝料の金額、毎月の分割支払い金額をともに抑えるように交渉をした結果、慰謝料30万円を毎月5000円ずつ60回払いで支払っていくこと合意をとりつけ、解決となった。

春田法律事務所
オフィスご案内

東京オフィス

〒106-0032
東京都港区六本木5-18-21 ファイブプラザ3階
【アクセス】
六本木駅(日比谷線・大江戸線)3番出口から徒歩7分
六本木一丁目駅(南北線)2番出口から徒歩5分

TEL 03-5114-6796

大阪オフィス

〒550-0005
大阪府大阪市西区西本町1-7-1 信濃橋FJビル4階
【アクセス】
本町駅(御堂筋線、四つ橋線、中央線)
四ツ橋線27番出口を出て右手のビル
中央線19番出口 御堂筋線5番出口

TEL 06-6536-8376

名古屋オフィス

〒461-0001
愛知県名古屋市東区泉1-1-31 吉泉ビル10階
【アクセス】
久屋大通駅(桜通線、名城線)
1A出口から徒歩5分

TEL 052-211-7225