商業ビル工事の残代金を交渉で早期回収した事例

商業ビル工事の残代金を交渉で早期回収した事例

依頼者は、商業ビルの建設工事を行う請負人であり、工事を完成させたので、工事の残代金1億円の支払を請求しました。
ところが、発注者が、依頼者のした工事に問題があるとして、残代金の支払いを拒まれたので、その段階から弊所が交渉に介入しました。

訴訟をすれば勝てる案件であったので、いかに残代金を早く回収できるかが重要でした。
残代金を支払わなければ引渡しをしないスタンスを明確にしつつ、相手に譲れる部分は早く譲って交渉したところ、交渉開始から1カ月ほどで残代金を回収することができました。

建築工事・リフォーム工事の解決実績へ戻る

春田法律事務所オフィスご案内