突然の契約解除の後に損害賠償請求された事案

突然の契約解除の後に損害賠償請求された事案

外壁塗装工事の依頼を受け、先に契約金として200万円の支払を受け、工事に着工した。ある程度工事が進んでいったところで、突然、施主が、工事内容が気に入らないとして契約を解除し、全額の返金を求めてきたケース。

施工業者側には何ら落ち度はなく、返金の理由もない事案に思われたが、実費として支払った金額の回収は必要であったので、利益を度外視し、譲歩案として半額の100万円に近い金額を返金することで解決を目指した。施主としては、全額の返金を求めてきたが、その返金理由については、法的に認められるものではなかった。ただ、それだけで施主の請求を突っぱねているだけでは火に油を注ぐ可能性もあったので、弁護士として、当方の提示案が誠意ある解決方法であることを根気強く説明した。すると、施主もようやく納得し、当方の提示案ベースでの返金に応じ、解決となった。

建築工事・リフォーム工事の解決実績へ戻る

春田法律事務所オフィスご案内