工事契約の解除に成功したケース

工事契約の解除に成功したケース

〇ケース

解体工事の時点で、かなり杜撰な作業であったことから、そのまま工事契約を続けることに不安を覚え、工事契約を解除したいとのご依頼であった。

〇解決まで

実際に当事務所において工事内容を確認したところ、余りにひどい状態であったため、そのまま工事を続けた場合、数百万単位での高額な損害が生じると見込まれた。

既成事実を積み重ねられてしまうと、仮に出来高清算が問題となってしまう場合に、施主が不必要な金額を支払わなければならなくなる可能性があったため、受任通知を迅速に発送するとともに、工事中止と工事現場への立ち入り禁止を通知し、現状を保存した。

その後、施工業者より注文者都合解除を理由として300万円近い損害賠償請求がなされたものの、費用のかかる工事などはほとんどなされていなかったことに加え、施工業者の数々の債務不履行の事実を指摘した。その結果、少なくとも解体工事は行われていたので、その代金である30万円程度の金額を支払うことで解決した。

建築工事・リフォーム工事の解決実績へ戻る

春田法律事務所オフィスご案内