雑な工事に対して未払い工事代金を減額したケース

雑な工事に対して未払い工事代金を減額したケース

リフォーム工事を依頼し、工事の引渡しを受けたものの、工事が雑であったり、工期遅延が発生したので、未払い代金の支払いを拒絶していたところ、施工業者側が弁護士をつけて800万円を請求してきた減額交渉のケース。

工事は一応完成しているようで、裁判を起こされれば、満額に近い金額が認められる危険のある事案であった。依頼者である施主としては、工事の杜撰さから、できる限りの減額を望んでおり、裁判も辞さないとの意向であったので、その意向をくんで強気の交渉をすることとした。確かに、工事が全体的には雑と言えるが、瑕疵というレベルのものは多くなく、裁判で見込まれる減額も高く見積もって100万円ほどであった。それでも、依頼者の主張をうまく減額材料に結び付け、強気の減額交渉を続けた。すると、施工業者側も譲歩した金額を提示し始めたので、一括でまとまった金額を支払い、解決する案を提示したところ、300万円を減額させた500万円を支払うことで解決した。

建築工事・リフォーム工事の解決実績へ戻る

春田法律事務所オフィスご案内