婚前契約と遺言

婚前契約と遺言

再婚するにあたって、自分の遺産は前妻との子には相続されないようにしたい、熟年結婚でお互いに成人した子がいるので、遺産はお互いに相続せず自身の子だけが相続するようにしたいというご要望はしばしばあります。

このようなご要望は婚前契約書を作成することで実現できるのでしょうか。

1 婚前契約書で遺言をすることはできるか

遺言は民法の定める方式に従って遺言書でしなければ無効です。

ですから、財産を再婚前の子に全部相続させると婚前契約書に記載したとしても法的効力は生じないこととなります。

そのような内容は婚前契約書とは別途に遺言書を作成することになります。

なお、死因贈与契約を婚前契約書に盛り込むことは可能です。ですが、遺言書とした方が税金の負担は軽いので、別途に遺言書を作成した方が良いでしょう。

2 遺言だけでは遺留分が残る

再婚前の子に相続させる内容の遺言をしたとしても、配偶者には相続財産について一定割合を承継する権利があります。

この一定割合を遺留分といいます。前妻との間の子にも遺留分があります。

ですから、遺言をしても、死亡後に配偶者や前妻との子が遺留分を主張すれば一定割合の財産を相続されることになります。

そこで、遺留分に配慮した遺言書を作成するか、遺留分を放棄させるために遺留分の放棄手続もとることになります。

婚前契約の婚前契約についてへ戻る

春田法律事務所オフィスご案内