遺言により,兄弟のうち一人だけに全財産が相続されてしまったケース

遺言により,兄弟のうち一人だけに全財産が相続されてしまったケース

〇ご相談内容

被相続人には、長男Aさん、次男Bさん、及び三男Cさんの三人の相続人がいました。

被相続人の死後、公正証書遺言がなされていたことが発覚し、被相続人の有する一切の財産を、Bさんに相続させる旨が記載されていました。

被相続人の財産として、預金が1200万円ほど存在していたところ、相続させる旨の遺言により、被相続人の財産がすべてBさんのみに相続されてしまうということで、Aさんからご相談がありました。

〇解決まで

被相続人の相続財産の一覧表を取得し、相続財産の確定をしたうえで、Aさんの遺留分を算定したところ、Aさんは上記預金に対し、約200万円の遺留分を有することが判明しました。

一方、Bさんは、葬儀費用など約100万円以上を遺留分の計算の際に相続財産から控除すべきとの主張をしていましたが(控除するとAさんの得られる金額が減少します)、相続財産からの葬儀費用等の控除は法律上認められないことを説明しました。

その結果、Aさんは、葬儀費用等を控除することなく、法律上認められる遺留分割合のとおり、約200万円を得ることができました。

遺留分の解決事例へ戻る

春田法律事務所オフィスご案内