盗撮事件で後日逮捕されることはあるか?|春田法律事務所

弁護士法人 春田法律事務所 弁護士法人 春田法律事務所

土日祝日も
24時間受付

盗撮事件で後日逮捕されることはあるか?

盗撮事件で後日逮捕されることはあるか?

2019年09月11日

盗撮をしたのがばれてしまいその場を走って逃げて来てしまったが、後日逮捕されることはあるのか?盗撮したのを誰かに見られていた気がするが、後日逮捕されることはあるのか?後日逮捕される場合、どれくらいで警察は来るのか?
このようなご相談は非常によくあります。
今回は、これらのご質問にお答えするため、盗撮事件の後日逮捕についてご説明いたします。

1 盗撮した場合、現行犯以外でも逮捕されることはあるのか?

 盗撮をした場合、被害者や目撃者に取り押さえられ、その場で現行犯逮捕されるケースは多いです。
他方、その場では逮捕されなかったものの、後日、警察によって逮捕されるケースも非常によくあります。
例えば、被害者や目撃者に捕まえられそうになったものの、逃げたという場合、防犯カメラの映像を使って犯人が特定され、後日逮捕されるケースがあります。

また、防犯カメラ映像だけでは、犯人の個人情報を特定することはできなかったものの、警察が連日、犯行現場に張り込み、防犯カメラに映っていた人物が現れた際に逮捕するケースもあります。

最近は至るところに防犯カメラがありますから、逃げたとしてもいずれ逮捕される可能性は高いといえます。

 このように捕まりそうになったところを逃げてきたというケースでは、後日逮捕される可能性が高いでしょう。
一方、現場では誰かに盗撮を指摘されたわけではないけれども、後日逮捕されるのではないかというご相談をよく受けますが、その場で指摘されなかった場合にはほとんどの場合、誰も盗撮に気が付いていないでしょうから、後日逮捕されることは稀でしょう。
ただ、後日逮捕される不安を覚えたときには、それを機に盗撮は止めましょう。

2 盗撮をして後日逮捕されるまでの期間

 盗撮をして現行犯逮捕はされなかったが、後日、警察が来て逮捕されるまでにどれくらいの期間がかかるのか、逆にどれくらいの期間、警察が来なければ後日逮捕はないと思っていいのかといったご相談もよく受けます。

 防犯カメラ映像などからの犯人の特定が容易かどうか、警察の他の事件での忙しさ具合によってまちまちで、2、3日で警察が来ることもあれば、1か月後に来ることもあります。
一方、半年や1年後に警察が来きたというケースは聞いたことはありません。

3 盗撮で後日逮捕される場合の流れ

 では、後日逮捕される場合、どのような流れになるのでしょうか。
「〇月〇日の○○での盗撮事件について話が聞きたいから警察署まで来て欲しい。」
といきなり警察から携帯電話に電話がかかって来ることがあります。
この場合、逮捕はせずに警察署で事情聴取を受け、当日のうちに帰宅を許され、在宅で捜査を進めていくことも多いです。
帰宅の際には、家族や上司に迎えに来てもらう必要があったり、そのようなお願いをできる人が身近にいない場合は、警察が自宅まで送り届け、住居を確認して解放されることもあります。

 他方、早朝、いきなり警察が令状をもって自宅にやってきて、自宅の家宅捜索が行われ、その場で逮捕されるケースや、警察署に任意同行を求められ、警察署で逮捕されるケースもよくあります。

4 盗撮で後日逮捕を回避することはできるのか?

 後日逮捕される可能性が高いと思われる場合にも、逮捕を回避できることがあります。
そもそも、逮捕は、逃亡と証拠隠滅を防ぐためになされるものです。
ですから、逃亡のおそれも、証拠隠滅のおそれも無いと警察が判断すれば逮捕はされません。

 そのように判断してもらうためには、まず警察から接触して来るよりも先に、自ら警察に連絡をして、当日の服装や盗撮に使用した携帯電話やカメラを持って出頭するのが良いです。
なぜなら、自ら出頭してきたということは、逃げも隠れもしないということですから、逃亡のおそれはないと判断してもらうことができます。
また、証拠品を持参して、しかも犯行を自供すれば、捜査協力する姿勢を示すことができ、捜査の妨げとなる証拠隠滅はしないだろうと思ってもらうことができます。

加えて、出頭する際に、弁護士が同行し、今後、弁護士を通じて被害者と示談交渉をしていく方針を伝えれば、犯人が自ら被害者に接触する可能性は低いだろうと判断され、一層、逮捕される可能性は低くなるでしょう。

 このように、後日逮捕されると思われる場合には、待っているよりも自ら行動した方が逮捕を回避できる可能性が高まります。

5 その後の流れ

 自ら出頭して逮捕される事態を免れた場合、その後も何度か警察や検察庁から呼び出しを受け、捜査が進められていくこととなります。
最終的に起訴されることを回避するためには、それと並行して被害者と示談交渉をしていくことが必要です。
被害者が犯人に個人情報を教えることはありませんので、示談交渉をするためには弁護士に依頼する必要があります。

 そして、謝罪と賠償金(慰謝料)のお支払いによって、犯行を許していただくことができた場合、過去に前科があるかどうかや余罪の存在にもよりますが、示談が成立していれば起訴される可能性は低くなります。

6 最後に

 以上、盗撮事件の後日逮捕についてご説明しました。
後日逮捕されるのではないかと不安を抱えている場合は、自ら出頭することをお勧めします。
最近は防犯カメラが街中にありますので、被害届が出ている限り後日逮捕される可能性は高いため、警察が来るのを待っていて逮捕されるのではなく、自ら出頭して捜査協力をして逮捕される事態を回避するべきでしょう。

他方、もしも被害届が出ておらず出頭したことで初めて、警察が盗撮事件を認識するケースもありますが、そのような場合、証拠の有無にもよりますが、盗撮をしないようにと厳重注意を受けて終わる場合もあるようです。

 いずれにしても、後日逮捕されるかもしれないと不安を抱えている方は、どのような対処をするべきか、早急に弁護士にご相談ください。

春田法律事務所
オフィスご案内

東京オフィス

〒106-0032
東京都港区六本木5-18-21 ファイブプラザ3階
【アクセス】
六本木駅(日比谷線・大江戸線)3番出口から徒歩7分
六本木一丁目駅(南北線)2番出口から徒歩5分

TEL 03-5114-6796

大阪オフィス

〒550-0005
大阪府大阪市西区西本町1-7-1 信濃橋FJビル4階
【アクセス】
本町駅(御堂筋線、四つ橋線、中央線)
四ツ橋線27番出口を出て右手のビル
中央線19番出口 御堂筋線5番出口

TEL 06-6536-8376

名古屋オフィス

〒461-0001
愛知県名古屋市東区泉1-1-31 吉泉ビル10階
【アクセス】
久屋大通駅(桜通線、名城線)
1A出口から徒歩5分

TEL 052-211-7225