窃盗症(クレプトマニア)について

窃盗症(クレプトマニア)について

2回、3回と万引き事件を起こしている場合、クレプトマニア(窃盗症)という、精神的な病の疑いがあります。この場合、専門の医師の治療を受けなければ、再び万引きをしてしまい、いずれは実刑判決を受けることになる可能性が非常に高いです。

近時は、裁判所、検察庁の対応としても、クレプトマニアの場合には、刑務所に送るよりも治療を継続することが更生に資するということが理解され始めています。

もっとも、裁判所も検察庁もそのような対応をとるべき事案と判断することは未だ例外的でです。

そのため、早い段階で専門の医師の治療を受けて、万引きを繰り返さないようにしていくことが重要です。

窃盗症(クレプトマニア)について詳しくは以下のコラムをご覧ください。
窃盗、万引きを繰り返すのは病気、依存症か?

刑事事件・少年事件の窃盗・万引きへ戻る

春田法律事務所オフィスご案内