春田法律事務所

メニュー

インタビュー「弁護士登録時から入所」|春田法律事務所

Q入所した理由について教えてください。
弁護士 酒井 編

Q入所した理由について教えてください。

私は、司法修習修了後、弁護士登録と同時に当事務所に入所し、現在に至ります。私が入所した当時は、当事務所に在籍する弁護士は数名、東京と大阪オフィスのみ開設されている状況にあり、現在より事務所規模は小さかったと思います。

採用面接の時点で、豊富な案件量と、幅広い分野に携わることができることを知り、将来成長することが確実な事務所であると判断し入所を検討しました。

また、私は弁護士を志した当初から、刑事事件での弁護活動を目標としていた一方で、刑事事件だけでなく一般民事事件・家事事件についても研鑽を積むことができる勤務環境を理想としておりました。そのため、刑事事件案件が一定数あり、その他事件についても幅広く研鑽を積むことができる当事務所の環境が私の理想と合致したことから、入所を決断しました。

Qどのような事務所だと思いますか。

先の時代を見据えた法律事務所だと思います。最先端の業務ツールを導入しており、弁護士の年齢層も比較的若く、古い体質に縛られていることはありません。

案件についても然り、時代の変化に応じて需要が生まれる分野の開拓に、代表を筆頭として常にアンテナを張っていますので、新規分野開拓に挑戦することができる体制があります。弁護士業界含めて、現代社会の情勢は千変万化ですから、古い考え方に固執することなく、時代のニーズに応じた新しい挑戦ができる事務所だと考えています。

Q現在どのような仕事をしていますか。

東京オフィスで数年勤務した後、福岡オフィスの立ち上げにチャレンジしたいと思い福岡県弁護士会へ登録変更し、現在は福岡オフィスに勤務しています。福岡と東京双方の案件を処理する傍ら、福岡オフィスのマネジメント業務に携わっています。

私が担当する案件は、他の所属弁護士に比べ刑事事件が占める割合が比較的高い傾向にありますが、一般民事事件、家事事件についても幅広く担当しています。

当事務所以外の他事務所弁護士と共同受任して案件担当することもあります。当該分野に精通した先生方と共同受任することで非常に勉強になっています。また、医師、施設職員等の外部専門家と連携を取りながら案件処理する機会も少なくありません。

Qどのような事務所だと思いますか。

Q1日の仕事の流れを教えてください。

自宅からでも案件資料へアクセスすること、携帯電話からでもオフィス固定電話番号より発信することが可能な環境ですので、場所を問わず執務が可能です。自宅でも電話法律相談、書面作成対応が可能なため、常にオフィスで勤務することが求められるわけではありません。以下、私の一日の勤務内容の一例を挙げます。

10:00~11:30自宅で前日からの新規問い合わせへの折り返し対応、依頼者へのメール返信
11:30~12:00自宅からオフィスへ移動、昼食
12:00~14:00オフィスで書面作成、メール、電話対応、福岡オフィス所属弁護士とのMTG
14:00~14:30web期日
14:30~15:30来客対応
15:30~17:30警察署へ出向き被疑者と弁護士接見
17:30~19:30新件電話対応、書面作成、依頼者への電話打ち合わせ、メール送信
19:30退社。以降自宅でメール返信、書面作成
Q入所を考えている方へのメッセージをお願いします。

Q入所を考えている方へのメッセージをお願いします。

当事務所は比較的まだ新しく、成長中の法律事務所です。弁護士間での意見交換などもしやすく、一勤務弁護士の意見が反映されることも多くあります。そのため、勤務弁護士が案件処理を通じ自己実現を図るには、大変恵まれた環境にある法律事務所だと思います。既成の概念に捉われない、想像力豊かで強い野心を抱く方の入所をお待ちしております。

弁護士への相談なら春田法律事務所

・無料相談受付中
・全国対応(東京・大阪・名古屋・福岡・金沢)

24時間・土日祝日も受付0120-655-995