春田法律事務所

メニュー

インタビュー「弁護士6年目で転職」|春田法律事務所

Q入所した理由について教えてください。
弁護士 南 佳祐

Q入所した理由について教えてください。

前職は大阪市内の総合法律事務所で6年間勤務しており、個人事件から企業法務まで幅広い経験をすることができました。まだまだ前職で研鑽を積むべきかと悩みましたが、自分は弁護士として第三者からどのように評価されるのだろうかと考え、また新しい環境でチャレンジすることも魅力的に思い、転職を決めました。

当事務所に入所した理由は、以下の2つです。

1つめは、刑事事件も多く取り扱っていることです。

転職を決めた時点で、私は刑事事件を1、2件しか扱ったことがありませんでした。

当事務所では在宅事件、身柄事件を問わず、常時複数の刑事事件を受任しており、弁護士としての活動の幅を広げることができると感じました。

2つめは、自身の経験が活きると感じたことです。

当事務所でも前職同様に、多くの民事事件を扱っており、これまでの経験を十分に活かすことができると感じました。また、若い弁護士も多く、後輩弁護士に自分自身の経験を伝えたいとの思いもありました。

Qどのような事務所だと思いますか。

「新しいことへの挑戦を厭わない事務所」だと思います。

代表の春田を中心に、新たな業務分野を開拓しています。私も、入所間もない頃に介護トラブルを取り扱いたいと提案したところ、すぐに採用してもらいました。

若い事務所ということもあり、代表だけでなく、所属の各弁護士も過度に上下関係を意識することはなく、提案をすれば平等に検討・議論をしてくれる環境だと感じています。

Q現在どのような仕事をしていますか。

現在は、案件への対応だけでなく、大阪オフィスのマネジメント業務、webマーケティングのための法律コラムの執筆など、多様な仕事をしています。

案件への対応は、相談対応、新件の受任、打合せや起案、交渉、期日への出廷など一般的な弁護士業務です。

マネジメントとしては、大阪オフィス全体の事件の管理・監督、事務スタッフの人事評価、他の弁護士への指導を行っています。事務所がより良くなるようにとの観点で積極的に事務スタッフとも意見交換をしており、それを集約して代表に伝えることもあります。

組織が拡大し、人員が増加していくことでマネジメント業務はより難しくなると思いますが、他方で弁護士業務とは異なるやりがいも感じています。

Q現在どのような仕事をしていますか。

Q1日の仕事の流れを教えてください。

9:30~10:00自宅で執務開始。営業時間外に受付のあった新件相談への対応
10:00~11:00自宅でweb期日への対応、期日報告書の作成・送付
11:00~11:30相手方代理人と電話で交渉
11:30~12:30昼食・自宅から事務所へ移動
13:00~14:00新規のお客様の来所法律相談
15:00~17:00委員会活動(web会議)
17:00~18:30書面起案、他の弁護士への指導
合間に、事務スタッフと協議し、業務量の現状把握等
19:00退社
Q入所を考えている方へのメッセージをお願いします。

Q入所を考えている方へのメッセージをお願いします。

当事務所は、まだまだ若い、新しい事務所です。

自主的に学び、依頼者のために闘うための努力を惜しまないガッツのある方、そして、社会貢献につながる新たな分野を切り開く挑戦的な方の入所をお待ちしております。

弁護士への相談なら春田法律事務所

・無料相談受付中
・全国対応(東京・大阪・名古屋・福岡・金沢)

24時間・土日祝日も受付0120-655-995