いつ依頼すべきか

事件を起こしてしまった、事件に巻き込まれた時は一刻も早く弁護士に相談を

捜査は待ったなしにどんどん進んでいきます。そのため、時間が経てば経つほど、打つ手がなくなっていきます。
ですから、より良い結果を得るためには、思い立ったら直ぐに弁護士に相談することが非常に重要です。

01

逮捕されている事件

既に逮捕されている事件では、一日でも早く釈放するために、今すぐに弁護士に依頼するべきです。

02

今後逮捕されるかもしれない事件

事件後まだ警察から接触がない段階や警察から呼び出しを受け、出頭予定の段階では、今後逮捕される可能性があります。この段階では、事前に弁護士に依頼をして、適切な準備をしておくことで逮捕を回避できることが多くあります。

03

既に釈放されている事件

既に釈放されている場合、次にすべきことは示談交渉です。
検事が起訴するかどうか決めるのは1~3か月ほど先になるので、示談はそれまでに成立していれば良いことになります。
もっとも、被害者への謝罪は、誠意という点でも、やはり早く行った方が、示談に応じていただける可能性が高くなることが多いでしょう。
そのため、既に釈放されている事件でも、できるだけ早く弁護士には依頼するべきです。

春田法律事務所ではお困りの時にすぐに対応が可能です

私たちは、即座に対応することが重要な逮捕回避、身柄解放いずれの場面でもご相談を受けたら直ちに弁護活動を開始します。
また、その後の示談交渉においては、絶対に諦めないという姿勢で、被害者の方に、粘り強く、誠心誠意お話しして、両者の開きを埋める交渉をします。

春田法律事務所
オフィスご案内

東京オフィス

〒106-0032
東京都港区六本木5-18-21 ファイブプラザ3階
【アクセス】
六本木駅(日比谷線・大江戸線)3番出口から徒歩7分
六本木一丁目駅(南北線)2番出口から徒歩5分

TEL 03-5114-6796

大阪オフィス

〒550-0005
大阪府大阪市西区西本町1-7-1 信濃橋FJビル4階
【アクセス】
本町駅(御堂筋線、四つ橋線、中央線)
四ツ橋線27番出口を出て右手のビル
中央線19番出口 御堂筋線5番出口

TEL 06-6536-8376

名古屋オフィス

〒461-0001
愛知県名古屋市東区泉1-1-31 吉泉ビル10階
【アクセス】
久屋大通駅(桜通線、名城線)
1A出口から徒歩5分

TEL 052-211-7225