春田法律事務所

盗撮に強い弁護士に横浜で依頼するには?その方法を徹底解説

盗撮に強い弁護士に横浜で依頼するには?その方法を徹底解説

2021年12月22日

盗撮に強い弁護士に横浜で依頼するには?その方法を徹底解説

  • 盗撮に強い弁護士に依頼すると何をしてくれるの?
  • 盗撮に強い弁護士かどうかを知るにはどうすれば?
  • 盗撮に強い弁護士を探すいい方法はあるの?

盗撮事件の加害者側になってしまい弁護士に依頼をするときは、やはり盗撮事件に強い弁護士に依頼したいと考えるでしょう。その際、上記のような疑問をもつのではないでしょうか。

今回は盗撮事件を数百件解決してきた専門弁護士がこれらの疑問にお答えします。

この記事を監修したのは

春田 藤麿
代表弁護士春田 藤麿
愛知県弁護士会 所属
経歴
慶應義塾大学法学部卒業
慶應義塾大学法科大学院卒業
都内総合法律事務所勤務
春田法律事務所開設

盗撮によるトラブル・事件でお困りの方へ

・無料相談受付中
・全国対応(東京・大阪・名古屋・福岡・金沢)

24時間・土日祝日も受付0120-655-995

盗撮に強い弁護士を横浜で見つけるためのコツ

盗撮に強い弁護士を横浜で見つけるためのコツ弁護士に依頼しようにも弁護士は大勢います。その中から盗撮事件に強い弁護士をどのように見つけたらよいのか、以下その方法についてご説明します。

  • 盗撮に強い弁護士がする弁護内容
  • 盗撮に強い弁護士の見極め方
  • 盗撮に強い弁護士にたどり着く方法

盗撮に強い弁護士がする弁護内容

まず、盗撮に強い弁護士に依頼をするとどのような弁護をしてくれるのかについて、主な弁護内容4つを見てみましょう。

逮捕されるのを防ぐ

まずは逮捕される事態を回避してくれます。

逮捕されますと会社や学校に行けなくなりますし、家族にも盗撮事件を知られてしまいます。そのような事態を避けるべく、弁護士は警察に申し入れて、逮捕はせず在宅捜査としてもらいます。

迅速に釈放する

二点目として、逮捕、勾留されている場合には迅速に釈放してくれます。

勾留期間が長引けば日常生活に与える不利益は大きなものとなります。弁護士は一日での早く釈放してもらえるよう検察官や裁判官(裁判所)に働きかけ、速やかな釈放を行います。

被害者と示談する

三点目は被害者との示談です。

盗撮事件では起訴・不起訴の判断や刑罰の重さの判断において、示談の有無は大きな影響があります。容易に示談が成立するケースもあれば、難しい示談交渉となることもあります。

そのような難しい交渉も、弁護士は多数の交渉経験を踏まえたスキルを用いて示談成立のために全力を尽くしてくれます。

起訴を回避する

四点目は起訴の回避です。

起訴するか不起訴とするかの判断をするのは検察官です。犯行を認めている場合には被害者と示談が成立していれば多くのケースで不起訴となりますから、起訴回避のためには示談することが重要です。

他方、犯行を認めていない場合には、事実と証拠を踏まえた戦略を立て、検察官が嫌疑不十分と判断するよう弁護をします。

盗撮に強い弁護士の見極め方

次に、以上のような弁護をしてくれる盗撮事件に強い弁護士かどうかの見極め方について3点ご説明します。

解決実績は豊富か

まずは、解決実績が豊富であることです。100件以上の解決実績があれば豊富と言って良いでしょう。

このように多くの解決実績があれば、知識と経験を踏まえた正確な見通しのもと、最適な戦略の策定と無断のない弁護活動が可能となります。

直ぐに対応してくれるか

二点目は、直ぐに対応してくれることです。

特に逮捕、勾留されている場合には直ぐに対応してくれるかどうかによって、釈放されるタイミングが数日変わってきます。その日のうちに対応してくれることが必須となります。

また逮捕、勾留されていないケースであっても、直ぐに対応してくれることで捜査に対して最適な対応が可能となりますし、示談交渉もスムーズに進む可能性が高まります。

親身によく話を聞いてくれるか

三点目として、親身によく話を聞いてくれることです。

盗撮事件の被疑者の立場になりますと、捜査機関という権力に対して一人で対応しなければならなくなり、不安や恐怖で一杯になります。そのような時に親身になってしっかりと話を聞いてくれる弁護士がいることは非常に心強いものです。そのような姿勢の弁護士であれば、弁護活動についても全力を尽くしてくれることでしょう。

盗撮に強い弁護士にたどり着く方法

それでは、以上のような要件を満たす盗撮に強い弁護士にたどり着くためには、どうすれば良いのでしょうか。

知り合いから紹介してもらう

知人に弁護士を紹介してもらうという方法が考えられます。しかし、盗撮事件に強い弁護士は多くはありませんので、知人が紹介してくれた弁護士がたまたま盗撮に強い弁護士である確率は非常に低いでしょう。

弁護士会に聞く

弁護士会に聞いてみるということも考えられます。しかし、弁護士会はどの弁護士が盗撮事件に強いのか把握していません。そのため、弁護士会に聞いても盗撮事件に強い弁護士にはたどり着きません。

インターネットで検索する

盗撮に強い弁護士にたどり着くために最適な方法は、インターネットで検索することです。
インターネットで検索をすれば、盗撮事件を扱っている弁護士が多数出てきます。

しかし、注意しなければならないのは、出てきた弁護士が全て盗撮事件に強いとは限らないということです。先ほどご説明しました3つの要件に照らして盗撮事件に強い弁護士であるのか見極めるようにしましょう。

盗撮に強い弁護士が横浜で解決した事例

盗撮に強い弁護士が横浜で解決した事例さて、以上の盗撮事件に強い弁護士に関する説明を踏まえ、実際の解決事例について、盗撮事件の大まかな流れとともに見て行きましょう。

  • 盗撮事件の大まかな流れ
  • 示談をして被害届提出を回避した事例
  • 難色を示していた被害者と示談した事例
  • 被害者と速やかに示談が成立した事例

盗撮事件の大まかな流れ

逮捕されているケースでは、逮捕から48時間以内に警察から検察庁へ事件が送られます。事件送致から24時間以内に、検察官は裁判官に勾留請求をして、裁判官が10日間の勾留を決定します。

勾留されますと最大20日間もの長期間勾留され、勾留の最終日に検察官が起訴か不起訴かの決定を下します。

一方逮捕されていないケース、つまり在宅事件の場合、通常、2~3か月ほどで警察から検察庁へ事件が送られ、そこから1~2か月ほどで検察官が起訴か不起訴かの決定を下します。しかし、警察や検察の繫忙度によってはこれらのスケジュールはもっと遅れることがあります。

以上の流れを踏まえて、以下、実際の解決事例についていくつか見て行きましょう。

示談をして被害届提出を回避した事例

飲食店に社員として働いていた依頼者は、更衣室にスマートフォンを設置して、アルバイト女性たちの着替えを繰り返し盗撮していました。ある日、アルバイト女性の一人がスマートフォンの存在に気が付き、依頼者の犯行が発覚しました。

警察に被害届を出すかどうかを被害者らが検討しているということで、その前に示談をすべく依頼者は当事務所に連絡をしました。

被害者は3名でした。店長経由で被害者らの連絡先を確認し、弁護士から各被害者に連絡をしました。

信頼していた依頼者に裏切られたことで各被害者はそれぞれ様々な感情をもっていました。
一人は特に示談金も必要とせず示談が成立しました。他の二名についてはそれぞれ示談金15万円と20万円にて示談が成立しました。

こうして被害者全員と示談が成立したことによって、警察に被害届が出されることなく本件は解決しました。

難色を示していた被害者と示談した事例

依頼者はコンビニでレジに並んでいる際、前に立っている女性のスカート内を盗撮したいと思い、スマートフォンを差し入れました。その際に女性の足にスマートフォンが当たってしまい、女性から携帯電話を見せるよう求められました。しかし、上手くカメラが起動していなかったようで盗撮のデータは見つかりませんでした。

警察に通報をされ盗撮を否認する供述をしましたが、後日、警察が防犯カメラを確認したところスマートフォンをスカート内に差し入れている行動が映っていたということで、依頼者は観念して盗撮を認める供述をしました。

依頼者は被害者との示談交渉を依頼すべく当事務所に連絡をしました。

弁護士から被害者に連絡をしたところ、やはり当初、盗撮をしていないと嘘をついていたことにお怒りでした。その点についても誠心誠意の謝罪をする手紙を依頼者に書いてもらいました。

当初、示談に難色を示していたものの、弁護士において示談をすることのメリットなどを説明し、最終的には示談金30万円にて示談が成立しました。

その後、検察庁に書類送検がされましたが、検察官は不起訴処分(起訴猶予)として本件は解決しました。

被害者と速やかに示談が成立した事例

依頼者は恋人と食事をした後にデパートに立ち寄り、女性店員の背後からスカートの下にスマートフォンを差し入れて盗撮をしました。その様子を目撃していた男性に声をかけられ警備員に引き渡され、警察署に連行されました。

依頼者は被害者との示談をすべく当事務所へ連絡をしました。

依頼者は2、3年ほど前から盗撮を繰り返していました。もっとも、犯行に使用したスマートフォンは最近購入したもので、余罪のデータは多くても2、3件しかないということでした。

初犯であることも考慮すると、被害者と示談が成立すれば不起訴処分になると見込まれました。

そこで、早速被害者と連絡をとり面談したところ、あっさり20万円にて示談に応じていただくことができました。その後、書類送検されましたが、依頼者は検察官から呼び出されることなく、不起訴処分(起訴猶予)となり本件は解決となりました。

盗撮に強い弁護士を横浜で依頼する費用はどれくらい?

盗撮に強い弁護士を横浜で依頼する費用はどれくらい?それでは最後に、盗撮事件を弁護士に依頼する場合にかかる費用について、その相場を見ておきましょう。

弁護士費用の内訳には、法律相談料や接見日当、着手金、成功報酬金があります。法律相談料は初回無料としている法律事務所が多いですし、依頼をすればその後はかかりません。

警察署に接見に行く都度、3万円から5万円の接見日当が発生する法律事務所もあります。この接見日当が合計すると高額になることがありますので、接見日当の有無は要確認です。

着手金は概ね30万円から50万円ほどが相場です。成功報酬金は、勾留からの釈放に成功したとき、不起訴処分の獲得に成功したときなど、成功結果に応じて10万円から30万円ほどが設定されているのが相場です。

以上の諸々の費用の合計した弁護士費用の相場は、60万円から80万円ほどが相場といえます。

まとめ

以上、盗撮事件に強い弁護士に関して徹底解説しました。

盗撮事件を起こしてしまい、逮捕を回避したい、釈放して欲しい、前科を回避したいという場合は、一日も早く盗撮に強い弁護士にご相談ください。

盗撮によるトラブル・事件でお困りの方へ

・無料相談受付中
・全国対応(東京・大阪・名古屋・福岡・金沢)

24時間・土日祝日も受付0120-655-995

この記事を監修したのは

春田 藤麿
代表弁護士春田 藤麿
愛知県弁護士会 所属
経歴
慶應義塾大学法学部卒業
慶應義塾大学法科大学院卒業
都内総合法律事務所勤務
春田法律事務所開設

関連記事

  1. 盗撮をした場合は現行犯以外の逮捕は難しいのか!?弁護士が解説
  2. 名古屋で盗撮事件に強い弁護士が解説!地域の事例と解決プラン
  3. 盗撮による迷惑防止条例違反は初犯でも前科がつくの?
  4. 弁護士が解説!盗撮事件を弁護士に電話相談する際のポイント
  5. 風俗トラブルには専門の弁護士への迅速な相談がおすすめ

盗撮の記事一覧へ戻る

春田法律事務所オフィスご案内